生理前に梨状筋が痛み腰痛を発生する!生理前にお尻が痛むメカニズムとは?

女性の中には生理の前後にさまざまな不快な症状が起こることに悩みを持っているという方もいますよね。月経前症候群と呼ばれるこれらの症状の中には、腰痛に悩まされているという方もいるかと思います。

中には腰痛が出てきたからそろそろ生理が来るかもしれないと、生理の前症状として毎回のように腰痛に悩んでいるという方もいるという方も実は決して少なくはないんです。

どうして生理前になるとこのような腰痛になってしまうのでしょうか。生理前の腰痛のメカニズムなどをまとめてみました。

 

女性の生理前後のトラブルはなぜ起こるのか

強いか弱いかはその人によっても異なりますが、女性は生理前になると誰もが大小さまざまなトラブルに悩まされます。

この原因は女性ホルモンが急激に変化するためです。

初潮を迎えてから閉経するまでの間、女性はほぼ28日サイクルによってホルモンバランスが生理や排卵を境にして大きく変化します。

これは妊娠をした場合に子宮の中で胎児を育むために必要なメカニズムで、赤ちゃんを産むことが出来る女性だからこその変化ということができます。残念ながらこの変化は男性にはありませんので、男性が本来の意味で生理前後のトラブルを理解することは難しいということが出来ます。

生理や排卵を境にして卵胞ホルモンのエストロゲンや黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌バランスが変わることで女性の体は大きく変化をします。

 

生理前にはプロゲステロンの分泌が優位になり、妊娠をしていた場合には子宮の状態を整えて赤ちゃんを育んでいくことが出来るようにしますが、妊娠をしていなかった場合にはその必要がないためにプロゲステロンの分泌が低下して、エストロゲンの分泌が優位になります。

黄体ホルモンのプロゲステロンと卵胞ホルモンのエストロゲンの分泌バランスが急激に変化することで、女性の生理前後には様々なトラブルが起こります。

このホルモンの分泌バランスは急激に変化するため、女性の体はそれについていくことが出来ずに様々なトラブルを引き起こしてしまう事になります。

 

生理前に腰痛が起こるメカニズムとは?

ホルモンバランスの崩れが腰痛につながるのはいくつかの理由があります。

まず、生理が始まる前には卵胞ホルモンのエストロゲンだけではなくリラキシンという卵巣ホルモンの分泌も起こります。このリラキシンというホルモンは、関節を緩める働きを持っています。

通常女性の骨盤も男性と同じように閉じた状態になっていますが、排卵後卵子が受精して子宮に着床することがなければ、経血や子宮内膜などを排出する月経、つまり生理が起こります。
この時、経血や子宮内膜といった内容物をスムーズに排出するために、骨盤は開き気味となります。

リラキシンはこの骨盤を開かせるためには関節を緩める必要があるために分泌されています。スムーズに月経を起こすためと考えれば、このようなホルモン分泌は必要な物です。

ただ、骨盤が開くことで、骨盤の周りにある筋肉は微妙なバランスを崩してしまう事になります。

骨盤の周りには大殿筋をはじめお尻の周り大きな筋肉がありますが、それ以外にも細かな筋肉がたくさんあります。梨状筋というのもその中の一つで、仙骨と大腿骨の大転子を繋いでいる筋肉です。

梨状筋は骨盤の上にある坐骨という象の耳のような骨に空いた孔「大坐骨孔」を通って仙骨と大腿骨の大転子を繋いでいます。この大座骨孔には梨状筋以外にも神経や血管なども通っています。

骨盤が開くとこ坐骨にも影響を与えてしまいます。坐骨に影響があればこの坐骨に空いた孔を通る梨状筋にも影響が出てきてしまいます。

梨状筋が通っている場所には神経や血管も同時に通っていますので、梨状筋に影響が出ると神経や血管を圧迫してしまうことも起こり、梨状筋症候群と呼ばれる梨状筋が原因となる腰痛を引き起こすことになります。

生理が終わり、骨盤を開くホルモンの分泌が止まれば、骨盤は自然に閉じて元の位置戻ることで、梨状筋が大坐骨孔を通る神経や血管を圧迫することがなくなり、生理前に感じた梨状筋症候群による腰痛が緩和します。

 

生理前の腰痛にも強く痛みを感じる人とそうではない人がいるのはどうして?

生理前には多かれ少なかれ誰もが骨盤が開くことで腰回りの筋肉や骨のバランスが崩れるため腰痛を感じる事になりますが、それがひどい人とひどくない人に分かれます。

生理前になると立ち上がるのが難しいくらいの腰痛を感じるという人もいますが、これは骨盤が開くからというよりは、もともとの骨盤の状態が歪んでいるため、その状態で骨盤が開くことで余計に周りに影響を与えてしまうためということができます。

もともと骨盤が歪んでいるときに骨盤が開いてしまえば、余計に周りの筋肉のバランスを崩し、骨にも影響を与えてしまいます。つまり、生理前に強い腰痛を感じる人は、もとから骨盤のゆがみがある人である可能性が高くなります。

また梨状筋がもともと固いと、神経や血管を強く圧迫してしまうため、生理前の腰痛がよりひどくなってしまいます。

生理前に強い腰痛を感じるという方は、骨盤が歪んでいる可能性や梨状筋が凝り固まっていることが原因となっていることもあります。普段から骨盤がゆがまないようにすることや、梨状筋を柔らかくしておくことが大切という事になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ